睡眠薬で一番強力なのはどれ?

現在使用されている睡眠薬の多くは「ベンゾジアゼピン系」と呼ばれる分類に入るものです。
有名なものではハルシオンやデパスなどがありますが、これらの睡眠薬はさまざまな場面で活用されています。
多少眠ることができないという程度で処方されることはあまりありませんが、本当に眠ることができず苦しんでいるというようであれば、これらの睡眠薬の力を借りることで生活リズムを正すことができるようになるでしょう。
ただしかし、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は安全性がある程度高い反面、効果に関しても不足を感じるという人が少なくありません。
そうした際にはより強力な睡眠薬を使いたいというような人も出てくるのですが、では最も強力なものは何かというと、それが「バルビツール酸系」と呼ばれる分類に入るものです。
バルビツール酸系と呼ばれる薬は睡眠薬の中でも最も古い歴史を持つ薬であり、非常に強力な催眠作用があることで知られています。
ベンゾジアゼピン系の薬が処方されるようになるまではこれが主役となっており、睡眠障害を抱えた人には広く処方されていました。
現在でも難事性であり、かつ他の薬で全く効果が見られないという限られたケースにおいて処方されることもあります。
ただしかし、バルビツール酸系の薬がもつ問題点として必ず知っておかなくてはならないのが、睡眠中の呼吸が浅くなり、止まることもあり得るという強力な副作用があることです。
過去、大量服用によって自殺をするという事例が全国各地で見られましたが、その原因となったのがまさにこの副作用でした。
大量服用することによって睡眠中に呼吸を停止させるということが出来てしまっていたのです。
そのため、現在バルビツール酸系の睡眠薬を処方していることは、先ほどの限られたケースを除いてほとんど無くなっています。
効果だけで言えばバルビツール酸系が最も強いと言えますが、同様に副作用も大きい薬だったのです。