短眠作用のある睡眠薬と仰向けによるいびき

睡眠薬は現在はベンゾジアゼピン系が主に使われていて、依存症などの副作用がほとんどありません。睡眠薬を飲むと、徐々に睡眠薬成分の血中濃度が上がってゆき、最大値となったあとは成分が肝臓によって分解されるという仕組みになっています。そして、睡眠薬にはその効果がいろいろなタイプのものがあって、種類によって「作用時間」の効き方を選ぶことができます。寝つきの悪い入眠障害の人には超短眠型の作用がある商品名「ハルシオン」として有名なトリアゾラムがあります。飲んだ後、血中濃度が最大値になるまでの時間が1時間程度と短く、また作用時間が2~4時間ほどの薬で、作用時間が短いため、翌朝、眠気やふらつきなどのいわゆる「持ち越し効果」がでることはほとんどありません。

また、短眠作用型も飲んだ後、血中濃度が比較的速く最大値になり、作用時間が5~10時間程度ありますから、一度は眠ったものの途中で目が覚めてしまう中途覚醒がある人に効果があり、代表的な商品名として「デパス」あるいは「レンドルミン」があります。これらの薬も持ち越し効果はほとんどありません。この超短眠型と短眠作用型を組み合わせて一緒に服用すると、寝つきが良く朝までぐっすり眠ることができます。

ただ、睡眠薬には体をリラックスさせる筋弛緩作用もあるため、特に仰向けに寝ている場合、いびきをかくことがあります。これは本来ならば気道の形を維持する程度の力が寝ている間でも加わっているのですが、睡眠薬を飲んでいると筋肉まで弛緩してしまい、仰向けに寝た場合に舌を安定した位置に保っておく力が弱まり気道が狭くなるため、いびきをかきやすくなるのです。一人で寝ているならば良いかもしれませんが、夫婦や家族で一緒に寝ている人から逆に、うるさくて眠れないと文句を言われることが多いので、仰向けで寝ることをやめて横向きに寝るなどの工夫をしてください。