酒と飲めないメラトニン受容体に作用する睡眠薬

毎日眠れない人にとって睡眠薬は不可欠なものとなります。多くの人が睡眠障害に悩まされるようになってしまっているのが現代社会であり、その治療のための睡眠薬の開発が長木にわたって進められてきました。もともと中枢神経系に作用するバルビツール酸系の睡眠薬が用いられていましたが、呼吸抑制といった重篤な副作用を生じやすいことから使い方が難しいという問題がありました。その副作用がないという点で優れているのがベンゾジアゼピン系の睡眠薬であり、現代においても広く用いられています。しかし、こういった睡眠薬は自然な眠りをもたらすものではなかったため、眠れない人に眠れる状態をもたらすことができるというものであったのが事実です。
最近になって登場したのが体内時計をうまく調節することによって自然な眠りをとれるようにするという医薬品です。これはメラトニンと呼ばれる生体内物質が結合するメラトニン受容体に作用することによって体内時計を調節することで体内リズムを正常化するというものです。メラトニン受容体に作用する物質としてメラトニンそのものもサプリメントとして利用されることが多く、海外ではメラトニン受容体作動薬よりも広いシェアがある場合もあります。しかし、メラトニンを飲む際には酒と一緒に飲んではならないということに注意が必要です。メラトニンは酒に含まれるアルコールによって吸収率が高まるため、通常の使用量を酒と一緒に飲んでしまうと必要以上の量が吸収されてしまうことになります。それによって意図していなかった副作用が生じることが懸念されるからです。こういった新しいものであるからこそ、その利用に関しては慎重にならなければなりません。