カラス退治をする方法 - カラス退治をしてゴミの悩みを減らす

カラス退治をする方法

カラスは様々な環境に適応できる動物に生息域も広くて人間が多く生活する都市部にも多くのカラスが生息しています。カラスによる主な被害はゴミを荒らして衛生環境を悪化させたり、農作物を育ている田畑の農作物を荒らしてしまう被害があります。カラスが大量発生する事で泣き声による騒音被害や人がカラスに攻撃される被害もあります。カラスは雑食で餌として食べられる物の種類も多いので、田畑の農作物だけでなく人間が捨てる生活ごみも餌として狙います。

農作物やごみを狙われないようにするにはネットやフェンスで囲うなど物理的な対策が必要です。



ゴミ袋の中を見えない袋にしたり、田畑にかかしのような物を設置してもカラスは非常に学習能力が高くてすぐに効果がなくなってしまいます。



人の生活エリアに侵入してきて被害を受けないように防止するにはまず敷地内やベランダの衛生環境を整える事です。ゴミの放置などをするとカラスが積極的に侵入してくる原因になるからです。

カラスが警戒する光る物を設置したり、侵入されたくない場所をネットなどで囲っても効果がない時は捕獲や巣の撤去といった方法でカラス退治をします。しかしカラスは鳥獣保護法という法律で無許可で危害を加えるような方法や捕獲をして退治していけない事になっています。



そのため巣の撤去や捕獲でカラス退治をする時は専門の業者に相談するべきです。

専門業者に依頼すれば適切な手続きをとった上でカラス退治を行ってくれます。